auひかりの悪い点・良い点をすべて解説!キャンペーンの落とし穴、注意点は?!

auひかりの評判・料金・選んで得する人を解説!他社より速い理由は・・・?

みつかるネット
みつかるネット
みつかるネット」編集部です!

auひかりは、満足度が高く人気の光回線です。

auひかりは一般的な光回線と同じ速度の最大1Gbpsですが、「auひかりは他社より速い!」というユーザーの声も多く聞きます。

なぜ同じ最大1Gbpsのスペックなのに、auひかりが他社より速いといわれるのでしょうか?

このページでは、auひかりの速度の秘密、料金や口コミ、auひかりを選んで本当に得する人はどんな人?といった内容を解説しています。

auひかりの速さの秘密:独自の光ファイバーでサービス提供しているから速い

一般的な光回線事業者は、NTTの光ファイバーを借りてサービス提供しています。

NTTの光ファイバーは、1本の光ファイバーを複数の業者で共有してため、利用ユーザーが集中する時間帯には、混雑影響から速度が落ちる可能性があります。

一方でauひかりは独自の光ファイバーを使ってサービス提供しています

※auひかりは、TEPCO光(東京電力)を受け継いでサービスを開始しているため、独自の光ファイバーを利用できている

そのため、他社よりもauひかりの方が混雑しづらく速度が出やすいと言われているのです。

まとめ:auひかりは本当に速いの?

ここまでの話をまとめると、以下のようになります。

■フレッツ光(コラボ光)の場合
1本の光ファイバーを、複数の事業者で共有している
複数事業者で共有しているため、時間帯によっては速度低下の恐れあり

■auひかりの場合
1本の光ファイバーを、auひかりだけが利用している
1事業者で1本の光ファイバーを利用しているため、速度が出やすい

つまり話をまとめると、「auひかりは他社よりも速い」ということになりますが、実際はどうなのでしょうか?

【口コミ調査】auひかりの速度は、ユーザー満足度が高い!

auひかりを実際に利用しているユーザーから最も多い口コミが、「通信速度が速い!」という内容です。

同じ最大1Gbpsの光回線サービスの中でもトップと言えるほど、ユーザーからの速度に対する満足度は高いです。

そのためauひかりは、今使っている光回線が遅い人にとって、乗り換え検討しても良いサービスの1つだと言えるでしょう。

auひかりを選んで得する人、損する人

auひかりは、誰にとってもお得な光回線サービスではありません。

auひかりを選んで損する人もいれば、得する人もいます。

ズバリauひかりを選ぶと得する人は、「auスマホを利用している人」です。

逆に損する人は、「ドコモユーザー」「ソフトバンクユーザー」「近々引っ越しや解約予定のある人」です。

auひかりを選ぶと損する人はこんな人!

auひかりを選ぶと、失敗しやすくなる人の特長をまとめました。

■auひかりを選ぶと失敗しやすくなる人の特長
・docomoユーザーの人
・SoftBankユーザーの人
・1年以内に解約予定の人(マンション)
・引っ越しや解約予定が近々ある人(一戸建て)

主要3キャリアのドコモ、au、ソフトバンクは、3社とも光回線サービスとスマホとのセット割を行っています。

auユーザーは、auひかりとのセット割が適用されます。

せっかくのセット割を逃してしまうので、ドコモやソフトバンクユーザーの方にauひかりはあまりオススメできません

▶ドコモ × ドコモ光
 最大1,600円割引/1カ月あたり

▶ソフトバンク × ソフトバンク光
 最大1,000円割引/1カ月あたり

auひかりの料金について

auひかりの月額料金は、決して安いわけではない

auひかりと、他社光回線サービスの月額料金を表にまとめました。

auひかりの月額料金は5,200円と、決して一番安いサービスではありません。

■各光回線サービスの月額料金と工事費
auひかり×NNコミュニケーションズロゴ

auひかり
NURO光公式ロゴ

NURO光
ソフトバンク光×アウンカンパニーロゴ

フレッツ光(コラボ光)
ドコモ光ロゴ

ドコモ光(GMOとくとくBB)
月額料金 5,200円 4,743円 5,600円 5,200円
工事費 37,500円 40,000円 24,000円 18,000円

auひかりの初期費用(工事費含む)は、キャンペーンで無料にできる!

auひかりの工事費は、一戸建ては37,500円、マンションは30,000円とかなり高額です。

以前は光回線を普及させるために、ほとんどの光回線サービスが工事費無料にしていました。

しかし全国的に光回線が普及した今では、ほぼ全ての光回線に工事費が発生します。

auひかりも例外ではなく工事費が発生するのですが、一定期間継続利用することを条件に、初期費用が「実質0円」になるキャンペーンが実施されています。

工事費は分割請求されるが、実質無料になる

auひかりの工事費は、毎月の利用料と一緒に分割払いが可能です。

分割払いの場合、一戸建て(ホームタイプ)は、1,250円×30ヶ月で、合計37,500円。

マンション(マンションタイプ)は、1,250円×24ヶ月で、合計30,000円となります。

分割期間は異なりますが、一戸建てもマンションも、1ヶ月あたり1,250円の請求です。

しかしこの高額な工事費は、実質無料になります。

auひかりに申し込むと、一戸建ては750円×30か月割引、マンションは750円×30ヶ月割引が適用されます。

さらに「ひかり電話オプション」に申し込むと、+500円の割引が追加され、合計で毎月1,250円の割引となります。

工事費が毎月1,250円なので、毎月1,250円の割引で実質無料となる仕組みなのです。

実際の請求は、以下のような内訳になります。

■auひかりの請求内訳
インターネット料金
(一戸建て)
5,200円
電話基本料 500円
工事費 1,250円
工事費割引 -1,250円
合計 5,700円 (+消費税)

ひかり電話オプションは、スマホとのセット割を受けるための、加入必須オプションです。

そのためauひかりを契約する人のほとんどが、意識せずとも工事費無料になるのではないでしょうか。

auひかりの工事費実質無料は、あくまでも「実質」無料

auひかりの工事費実質無料は、1つだけ注意点があります。

それは毎月1,250円の割引がされていても、あくまでも「実質」無料であり、実際には毎月工事費請求が発生しているのです。

例えば割引期間中にauひかりを解約した場合、割引は消滅して工事費の残りを一括支払いしなければならないのです。

auひかりの土日祝の工事は、+3,000円の追加料金がかかる

auひかりの工事費は、一戸建て(ホームタイプ)で37,500円、マンションは30,000円掛かります。

これは平日に工事が行われた場合の金額で、土日祝に工事を依頼した場合は追加料金として+3,000円掛かります。

追加料金の+3,000円は、初回請求時に一括支払いになります。

そのため立ち合いが必要な工事は、平日に行った方が安く済むといえるでしょう。

まとめ:auひかりが他社より速い理由!評判・料金・選んで得する人を解説!

auひかりは、独自の光ファイバーでサービス提供しています。

そのため他社のような回線混雑が少なく、速度には期待ができる光回線ですし、auひかりユーザーから最も評判が高いのが『速度への満足度」でした。

auひかりの工事費は、一戸建て(ホームタイプ)で37,500円、マンションは30,000円掛かりますが、長期契約者はキャンペーンが適用されるので工事費実質無料になります。

また、auひかりを選んで得するのは、auスマホを利用している人です。

ドコモやソフトバンクユーザーの場合、auひかりよりもドコモ光(GMOとくとくBB)ソフトバンク光を選ぶと、金額的に見て最もお得となります。

auひかりへの加入を検討する場合は、auひかりの正規代理店で+キャッシュバック手続き不要な、NNコミュニケーションズのキャンペーンがオススメです。

▼代理店NNコミュニケーションズでは、
必ず高額キャッシュバックをもらえる

auひかり×NNコミュニケーションズ

ABOUT ME
みつかるネット
みつかるネットでは、インターネット回線をやさしく解説。自分にピッタリなネット回線、お得なキャンペーン、キャッシュバック情報がきっと見つかります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です